後悔しないために仕事を辞める前に考えておくべきたった2つのこと

後悔しないために仕事を辞める前に考えておくべきたった2つのこと

「こんな仕事やってられない、すぐにでも辞めたい」

「もう無理…」

でもちょっと待ってください。

本当に仕事を辞めて大丈夫ですか?

「こんなはずじゃなかった…」

「むしろ新しい職場の方が酷い…」

後悔しないために、仕事を辞める決断をする前に考えておくべきことをこの記事でまとめました。

この記事を書いている僕は、会社でやっていた仕事は自分が目指すところではないと思い、仕事をやめました。

後悔しないように辞める決断をするまでにたくさんのことを考えて、結果今は楽しく毎日を過ごしています。

仕事を辞めて後悔する3つの理由

仕事を辞めてから後悔するパターンを列挙してみました。

勢いだけでやめてしまった

あまりにも自分の考えを理解してもらえずにもう我慢の限界。勢いで辞めてしまったなんてことも。

職場を離れて客観的に見てみるとその仕事の良さやみんなに支えてもらっていたことなど、自分の恵まれていた環境がわかります。

このサイトを見ているあなたは勢いだけではないはず。

辞めようと思ったけど、一度冷静になって悩んでいるから検索してこのサイトにたどり着いたんだと思います。

辞めたものの転職先が見つからない

辞めたものの転職先が見つからないと、だんだん焦ってしまいますよね。

次の職場を決めずに退職して転職活動をしたけれども条件にあうところがみつからない。

  • 給与面でいいところがみつからない。
  • やりたい仕事ができるかわからない。
  • そもそもやりたい仕事なのかイメージがつかない

仕事を辞めて明るい将来を夢見ていたのに思うように行かない。

これじゃせっかく辞めたのに、こんなはずじゃなかったとなりますよね。

お金がない

お金がないことも仕事を辞めて後悔する理由のひとつですよね。

退職後は思いのほか出費がかさみます。

例えば…

  • 失業保険をあてにしていたがその年の住民税と社会保険料を支払うと全てなくなった
  • 家賃を支払えなくなったのでバイトを探し始めた

サラリーマン時代の毎月安定して入ってくる給与がどれだけすばらしい仕組みだったかわかります。

よく働いても大して働いていなくても毎月生活できるだけの収入があるのですから。

仕事を辞める前に考えるたった2つのこと

仕事を辞めてから後悔していては遅いです。そうならないためにも仕事を辞める前に考えておくべきことを整理しました。

なぜ辞めるのか

そもそもなぜ仕事を辞めるのか再度考えてみましょう。

仕事を辞める理由はいろいろかと思います。

  • 上司先輩同僚との人間関係がよくない
  • 仕事自体つまらない
  • もっとしたい仕事がある
  • ひとりで仕事をしたい
  • 自由な時間を楽しみたい
  • 働きたくない

どんな理由であれOKです。

大事なのは、同じことを繰り返さないこと。

なぜ仕事を辞めるのか、明確にすることで次へ、そのまた次へキャリアにつながります。

辞めてどうしたいのか

なぜ辞めたいのか明確にできたところで次は辞めた先のことを考えていきましょう。

あなたは辞めてどうしたいですか。

今はとにかく仕事を辞めたいと思って毎日を過ごしていてその先のことが見えなくなっていないですか。

辞めてどうするのか考えることは、あなたが仕事を辞めてからの行動の軸を決めることになります。

これがなければあなたはまた同じように待遇の良くない、満足できない会社に就職してしまうでしょう。

例えば仕事を辞めて…

  • 海外で生活して現地の文化を体験したい
  • 時間にも場所にもとらわれない働き方をしたい
  • スキルを身につけてフリーランスとして仕事をしたい
  • 趣味の音楽を楽しみたい

などなんでもOKです。

これがあなたの軸になります。

これに反することはしないと決めましょう。

仕事を辞めて後悔はしない

僕の場合、仕事を辞めて後悔したかと問われれば、答えはNo.

後悔なんて全くありませんでした。

なぜ辞めるのか、辞めてどうするのかが明確だったからです。

仕事を辞めて条件のあわない会社に就職することもしませんでした。

今はこうして時間にも場所にもとらわれない仕事をして生活できています。