【実際に行ってみた!】合宿免許に女性が1人で行っても大丈夫なの?

【実際に行ってみた!】合宿免許に女性が1人で行っても大丈夫なの?

「女1人で合宿なんて危険じゃないの?」

「ぼっちにならなかった?」

「どんな雰囲気?」

 

と、不安で合宿に行くかどうか迷いますよね。

私は3年前ですが、女子1人で合宿免許に行ってきました!

結果、予定通り卒業はできたし、女1人でも安全管理がされていたので安心して過ごせました

 

女1人でも危険じゃない!

やっぱり気になるのは、安全面ですよね。

安全面を考えるなら、何よりも大切になるのは「宿泊施設・プラン」です。

では、具体的にどんな点に気をつけて宿泊施設・プランを選ぶといいのか。

実際に合宿免許に参加してみて、それは以下の3点だと感じました。

  • 女性専用の宿泊施設にすること
  • 部屋はシングル、相部屋(女子のみ)にすること
  • セキュリティーシステムを導入している施設にすることオートロック、監視カメラ等の防犯設備があるのか確認すること

女性専用の宿泊施設にすること

私が泊まったのは、学校隣接の宿舎でした。

女性専用というのは、女性だけが泊まる施設という意味と女性専用フロアがあるという意味の2通りあります。

私が宿泊したのは後者の方で、3階が男性用、4階が女性用の男女完全別になった施設でした。

授業の時やご飯を買いに行く時、施設のパソコンで過去問を解く以外は男性と会うことはありません。

皆女の子なので、部屋着でうろうろしても(洗濯物洗ったり、お湯沸かしに行ったり…)何も気にせず、心配せずゆったりと過ごせました

 

部屋はシングルか相部屋(女性のみ)にすること

部屋は、シングルと相部屋(女性のみ)をおすすめします。

シングル

私はシングル(一人部屋)でした。しかも、女性フロアなので安全面はバッチリです。

女性のみでも、テンションの合わない人と一緒になったらしんどいだろうし、24歳ということもあり年下の子と話す元気はないのでシングルにして大正解でした(笑)

安全面はもちろん、自分の時間が欲しい人におすすめです。

 

相部屋(女性のみ)

安全を考えるなら、絶対に相部屋は女性のみを選んでください。

相部屋には、他に男女可というものがあります。

見知らぬ男女が同じ部屋で2週間を過ごすのは、かなり危険です。

もちろん、楽しい2週間になるかもしれません。良い友達、彼氏ができるかもしれません。

しかし、危険と隣り合わせであることを忘れないでください。

どんな人と一緒の部屋になるのかは運です。

各地からどんな素性か分からない人たちが集まるのですから、安全と言い切ることはできません。

ですから、安全第一を望むのであれば相部屋にするのであれば女性のみを選択しましょう。

 

セキュリティーシステムを導入している施設にすること

監視カメラやカードキーなど様々なセキュリティーシステムの有無の確認はとても重要です。

私が宿泊していた施設はどちらもありました。

宿泊する階に着いたらまず、カードキーでロックを解除しなければならないシステムでした。

そして、個室にもカードキーがあり、2重にセキュリティーはそれだけで安心感がありました。

さらに、廊下と共同スペースには監視カメラもついており、不安も恐怖も感じることなく2週間過ごすことができました。

カードキーだけでなく防犯カメラがあることで、仲良くなった男友達を女性専用フロアへ招き入れることのできない環境づくりがなされているので安心です。

勝手にそんなことをされたらたまったもんじゃないですよね。

もちろん、この階で男性の姿を見ることは全くありませんでした。

一度カードを部屋に忘れてしまい入れなかった時には、女性スタッフの方が来て対応してくださいました。

スタッフとはいえども男性は入れないのです。

 

女性が安心して過ごすために押さえておきたい3つポイント

まとめると、合宿で宿泊先の安全面が心配なのであれば次の3つの点に注意して選ぶこと。

  • 女性専用の宿泊施設にすること
  • 部屋はシングル、相部屋(女子のみ)にすること
  • セキュリティーシステムを導入している施設にすることオートロック、監視カメラ等の防犯設備があるのか確認すること

絶対に宿泊施設・プランを妥協しないようにしてくださいね。

 

合宿免許はどんな雰囲気?

雰囲気は端的にいうと、お互いがんばろうね、うん。みたいな感じでした(笑)

良い距離感で、一人の時間もみんなの時間も持てた2週間は、あっという間でした。

私が合宿に行く前に不安に思っていたこと5点について、詳しく書いていきますね。

  • メンバー
  • 学科
  • 技能
  • 食事
  • 自由時間

メンバー

6人組み(男5人・女1人)でした。

何のメンバーかというと、施設の説明や学科、技能の授業を受ける時のグループです。

正直女子1人で嫌でした。

半数は女子だと思い込んでいたので、1人だと分かった時は本当に驚きました。

どうして1人だけだったのか後々分かったのですが、理由はMTを選択していたからです。

女子はAT限定で免許を取る人が圧倒的に多いみたいです。

こんな状況では頑張れなさそうだという人は、(時には、女の子が多いなんてこともあるのだとは思いますが。女子が少数だとより親密になれるかもしれませんが。)AT限定でとることをおすすめします。

6人中、2人は友人と参加していました。

他の4人は1人で参加していて心強かったです。

年齢は、19歳…1人、20歳…2人、24歳…3人でした。

同い年の人が2人もいて安心しました。

 

学科

学科は、「○時~○時まで」と決まっているので、始まる5分前ぐらいに教室に行って受けます。

女子1人だったので、教室までは1人です。

男の子たちは、一緒に来たり、1人で来たり、途中で出会えば私も合流したり…まぁ、適当です(笑)

中高生特有の移動教室一緒に行こう♪みたいなノリは全くなかったです。そういうのってもうめんどくさいでしょ。

しかも、5分前なんて教室には結構人がいっぱい。

通学の人もいるので、座る席はまばらにしか空いていません。

もし、絶対一緒に座りたい人は早めに席を取って(教室の開く時間があるので注意してくださいね)、予習復習したり、おしゃべりしたりしていればすぐ時間になるはず!

私たちは、誰もがほぼ隣になることなく学科を受けました。

学科が終わった後は、よく分からなかったところを話したり、次の予定を聞いたり、「お疲れ~」と去っていったり、言わずに去っていったり…各々、毎日好きなことをして過ごしていました。

 

また、グループのメンバーだけで受ける授業もありました。

知っている人たちだけなので、ホームルームみたいな感じで和やかに行われましたとさ。

 

技能

技能30分前に誰先生が担当だということが分かるシステムで、受付の機械から教官名前の書かれた用紙が出てきます。

だから、30分前に受付のあるフロア(ここで、教官に呼ばれて技能に向かう)に行って用紙を出します。

そのまま、そのフロアで技能までの時間を過ごす日もあれば、一旦部屋に戻る日もありました。

フロアにいる人は一定の人がいるというより、その日その日で人が変わりました。

フロアでは、「不安なことについて」「教官について」「ポイントについて予習・復習」「他愛もないこと」を話していたと思います。

その日担当してくれる教官の用紙が出てきてからは、教官の話で持ちきりでした。

「この人、厳しいけど良い人だよ」とか「めっちゃ優しいで」「面白いおっちゃん」「とにかく怖い」「早口なおばさん」とか。

めちゃくちゃ緊張する技能の前に、教官との空間をイメージトレーニング?して臨めたことは私にとってはよても良かったです。

 

個人で車に乗ることもありますが、グループの人と一緒に乗ることもあります。

この人、こんな運転するんだ~と思いますし、思われてたと思います。

技能の後は、帰り道に「この時はこうすると良いよ」とお互いにアドバイスし合い、「ほんまにエンスト怖いよなぁ」と嘆き合い、「私もそんなん何回もやってもたで」と慰め合いながら何とか最後まで頑張ることが出来ました。

 

食事

朝食は、ほとんど夜にコンビニで買っておいて個室で食べていました。

時々、朝コンビニで買うこともあって、その時にグループの子がいたら一緒に食べるか!みたいになり、一緒に食べたこともありました。

男の子たちは一緒に食べていたのか見ても聞いてもないので不明ですが、共同スペースにソファーがあったのでそこで一緒に食べる人もいたでしょうし、個室で自由に食べた人もいたと思います。

 

昼食は、コンビニでおかずを買って、自宅から持ってきたチンするご飯+お湯で溶かす味噌汁・スープが多かったです。

学科や技能のあと、一緒に買いに行ってバイバーイという感じで各自部屋に帰るというパターンでした。

時々、近くのレストランや大学へ食べにいきました。

参加は自由で行きたい人だけ時間を決めて集合して行くという感じでした。

 

夕食も昼食と同じです。

昼食は外食に参加したけど、夕食はやめとくわ~とかそういう自由気ままな人たちばかりでありがたかったです。

 

自由時間

何もない時間は大体、部屋にこもって寝る、予習復習する、テレビ見るでした。

試験前は特に、ラウンジみたいなところにある過去問を解けるパソコンで問題を解いてました。

そんな時は、そのパソコンにグループの子もいて「この問題難しくない?」とか話しながらやってました。

終わったあとは、ジュースとかコーヒー飲みながら話して楽しく過ごせました。

人に会いたくない人は部屋にいればいいし、寂しい人は時間決めて集まってもいいし、その日の気分で自由に選択すればいいと思います。

 

まとめ

この3点に気を付ければ、合宿免許に女子が1人で参加しても危険ではない!

  • 女性専用の宿泊施設にすること
  • 部屋はシングル、相部屋(女子のみ)にすること
  • セキュリティーシステムを導入している施設にすること

 

合宿の雰囲気は、こんな感じ!

  • お互いにがんばろうという温かい雰囲気。
  • 1人でいたい人も、みんなでいたい人も大丈夫。

 

女1人で参加するのは不安も大きいと思います。

しかし、合宿免許は通学に比べて格安です。

少し勇気を出して参加してみてくださいね!充実した楽しい時間となりますように♪